予防:感染(伝染病、ノミダニ、フィラリア)、定期健診、不妊手術

  • HOME
  • ブログ
  • 予防:感染(伝染病、ノミダニ、フィラリア)、定期健診、不妊手術
  • prevention

    秋季健診始まりました。(9~1月中旬)

    わんちゃん、ネコさんは1年で4歳年をとります。
    春季健診では正常でもこの半年で異常が出たり、春季で異常があった場合は正常に戻っているかの確認が必要です。
    また秋季健診では、春季の項目よりさらに多い項目がオプションで検査できます。
    定期的な健診で、病気の早期発見・早期治療を行いましょう。

    血液スクリーニング検査(各臓器の検査)
    血球数測定(赤血球・白血球・血小板などの測定)

    apple秋季血液検査 ¥5,900 (税抜き)

    上記検査に低コストで各種オプションをつけることができます。
    年齢などを考慮して、相談しましょう。

    また、秋季血液検査をされた方限定で
    健康応援価格のレントゲン検査 サービス券をお渡ししております。
    ぜひ、この機会に健康チェックをclover

    2015.09.17

  • prevention

    秋季健診始まりました。(9~1月中旬)

    わんちゃん、ネコさんは1年で4歳年をとります。
    春季健診では正常でもこの半年で異常が出たり、春季で異常があった場合は正常に戻っているかの確認が必要です。
    また秋季健診では、春季の項目よりさらに多い項目がオプションで検査できます。
    定期的な健診で、病気の早期発見・早期治療を行いましょう。

    血液スクリーニング検査(各臓器の検査)
    血球数測定(赤血球・白血球・血小板などの測定)

    apple秋季血液検査 ¥5,900 (税抜き)

    上記検査に低コストで各種オプションをつけることができます。
    年齢などを考慮して、相談しましょう。

    また、秋季血液検査をされた方限定で
    健康応援価格のレントゲン検査 サービス券をお渡ししております。
    ぜひ、この機会に健康チェックをclover

    2015.09.17

  • prevention

    ノミ・ダニのお話【これが現実です】

    【ノミ】

    ノミは不潔にしているから付いてしまうと思っていませんか?
    coldsweats02『うちの子はトリミングにも行っているし、きれいだから全然問題ないわ~』

    お散歩に行かないから付くわけがないと思っていませんか?
    pout『外に出ないのに付くわけないじゃない・・・』

    気温が高い夏しか付かないと思っていませんか?
    bleah『まだ春だし(もう秋だし)、虫なんていないわよ!』

      

      

    おお間違いです。

    毎月トリミングをし、毎日ブラッシングをして、週に何回かお家でシャンプーをしていても、付くときは付きますし、お散歩に行かなくても、人間や他の動物が媒介したりお庭やベランダから侵入してくることもあります。
    また、夏だけでなく、13度でノミは繁殖を始め、雌の成虫は1日に10〜50個の卵を一生に200〜1000個の卵を産みます。
    卵は1〜2日で孵化し幼虫になり、1週間ほどで脱皮しその後繭を作りサナギになり、5〜10日間程度で成虫になります。そして、条件が良ければ成虫の寿命は3〜4週間で、この成虫→卵→幼虫→サナギ→成虫を繰り返してどんどん増えていきます。

    そしてこのノミは見た目が気持ちが悪いだけでなく、とても重大な弊害があります。

    ノミが寄生すると、かゆみのためにひっかいたりして皮膚炎を起こしたり、大量に寄生すると、吸血されて貧血を起こすこともあります。
    また、ノミの唾液に含まれる物質によってアレルギーを起こすことも多いです。
    皮膚のトラブルだけでなく、条虫という内部寄生虫やその他、多くの病気を媒介します。
    動物さんだけでなく人間を刺すこともあり、激しいかゆみや皮膚炎を起こしたり、ノミが病原体を持っていると、猫引っかき病という猫に引っかかれた人が発熱や疼痛、リンパ節の腫れなどを引き起こしてしまう病気に感染してしまうこともあります。

    【ダニ】

    ダニも同様で草むらなどに潜み、わんちゃんの気配を感じるとすごい跳躍力で動物さんの体にくっついて皮膚を噛みつき、血を吸い始めます。
    マダニはわずか1mm程度の大きさですが、血を吸って体積が200倍以上にもなり、体がぱんぱんにふくらんで黒いイボのように皮膚に噛みついています。口でがっちりと皮膚をとらえているので、無理に引きちぎると口の部分が皮膚に残って化膿してしまうこともあります。

    体に寄生すると激しいかゆみを伴なったり、ノミ同様に大量に寄生すると、吸血から貧血を起こすこともあります。
    さらにやっかいなのは、マダニが「バベジア」という寄生虫(原虫)や細菌などを媒介することです。
    特にバベジア症候群は犬の赤血球を破壊し、生命に危険を及ぼす危険性もあります。

    また、最近媒介が確認されて話題になったSFTSウイルスを持っているダニに人間が咬まれると、重症熱性血小板減少症候群という病気に罹ることもあり、嘔吐、下痢、頭痛などの症状を引き起こし、最悪の場合死に至ることもあります。人が感染する病気として他にもライム病、日本紅斑熱日本紅斑熱、 Q熱などがあり治療が遅れると死の転帰をとることがあります

    ノミと同様、ダニもしっかりと駆除・予防対策を行う必要があります。

      

    flair大切な動物さんと飼い主様の健康や病気予防の観点からも、ノミ、ダニは徹底的に駆除しましょう。
    noteまた、ノミダニががいない場合でも寄生を避けるために予防対策を行ってください。

    【ノミ・ダニの駆除・予防方法】

    ノミ・ダニの駆除で一つ気をつけなければならないのは、ノミやマダニを見つけてもつぶさないということです。
    メスの成虫は体内に卵をもっていますので、つぶすと卵が飛び散ってしまいます。
    また、卵やサナギが落ちている可能性もあるので、部屋や動物さんの寝床(一緒に寝ている場合はお布団なども)は念入りに掃除することも大切です。
    ノミやマダニの駆除・予防策には、効果的な方法がいくつかあります。
    駆除剤のタイプによって効果に違いがありますので、私たちと相談をして、その子に適した方法を選んでいきましょう。

    http://peterrace.jp/sick/thema2/cat02/sick_72.html

    2015.03.05

  • prevention

    動物さんの肥満(動画)

    ぽっちゃりしているワンちゃん、猫ちゃんは見た目にはたしかに可愛いpig

    でも、ぽっちゃりを通り越してしまって『肥満』になってしまっている子も・・・。
    (理想体重よりも15%以上重くなってしまっている状態、または体脂肪で言うと犬種差が多少ありますが、40%を超えてしまっている状態を肥満と言います。)

    人間同様、肥満が原因となって様々な病気に罹ったり、病態が悪化したりします。

    たとえば人間同様の生活習慣病や関節、靭帯などの疾患です。

    また、逆に病気が原因で肥満になってしまっている場合もあります。
    (クッシング症候群、インスリノーマ、甲状腺機能低下症など・・・。)
    そんな病気の時は食欲が落ちないので見過ごされがちで、悪化して手の施しようがなくなってしまう場合もあります。

    まずは適正体型を把握しましょうrock

    適正体型はボディコンディションスコア(BCS)などで判断することができます
    (下図参照)。

    犬種や体格によって若干の違いはありますが、9段階評価の場合「BCS4~5」の理想的な体型を目指してコントロールしましょう。

    でも、実は確実な体脂肪の値は人間同様、外見や体重だけでは判断できません。

    本当に正しく肥満度を判定するためには、体脂肪率を測定することが必要なのですgood
    (下の体脂肪計は犬専用)

    的確な検査から、ワンちゃん、猫ちゃんの適正体重・体型を私たち専門家が判断し、一緒にそのゴールに向かって頑張りましょう。

    そのために一番重要な事は、病院での定期的な体重測定hospitalです。

    体重の測定は、日々少しずつ変化していく過程で見落としがちな変化を数値で把握することができるため、異変にすばやく対応することが可能です。
    (自己流ダイエットによる、痩せすぎ等のトラブルも非常に多い)

    少しでも気になったり、おかしいと感じたら、すぐに診せてくださいね。

    また、下記のリンクに詳しい病気の説明もありますので、ご覧下さい。delicious

    http://www.hills.co.jp/pd/special/petlife/story/rd_wd_md.shtml
    http://www.royalcanin.co.jp/new/health_nutrition/health/obesity/dog.html

    2015.03.03

  • prevention

    春の健診【フィラリア健診】始まりました。

    2015.03.02

  • prevention

    春の健診【フィラリア健診】始まりました。

    2015.03.02

  • prevention

    秋季健診始まりました。(9~1月中旬)

    dog秋季わん・ねこちゃん血液検査のお知らせcat

    秋季キャンペーンのお知らせです。(9~1月中旬)
    わんちゃん、ねこさんは1年で4歳年を取ります。春季健診では正常でも
    この半年で異常weepが出たり、春季で異常があった場合は、正常に戻って
    いるかの確認lovelyが必要です。
    また秋季健診では、春季の項目よりさらに多い項目がオプションで検査
    できます。
    winkさあ採血で病気の早期発見、早期治療を行いましょう。
    (血液検査以外の健診【ペットドッグ】も行っております。
     合わせてご検討ください)

    20141006

    2014.10.06

  • prevention

    秋季健診始まりました。

    dog秋季わん・ねこちゃん血液検査のお知らせcat

    秋季キャンペーンのお知らせです。(9~1月中旬)
    わんちゃん、ねこさんは1年で4歳年を取ります。春季健診では正常でも
    この半年で異常weepが出たり、春季で異常があった場合は、正常に戻って
    いるかの確認lovelyが必要です。
    また秋季健診では、春季の項目よりさらに多い項目がオプションで検査
    できます。
    winkさあ採血で病気の早期発見、早期治療を行いましょう
    (血液検査以外の健診【ペットドッグ】も行っております。
     合わせてご検討ください)

    2014.10.06

  • prevention

    フィラリア健診始まりました。

    『フィラリア健診』の勧め

    当院では、フィラリア投薬の前の「フィラリア寄生確認検査」(投薬の前に必ず必要)の際に、【春のフィラリア健診】として、全体的な血液検査をお勧めしています。(¥6,800~)(税抜き)

    毎年「フィラリア寄生確認検査」をする約50%のワンちゃんが【フィラリア健診】を行って
    いますが、全く異常値の認められないワンちゃんは全体の2割ぐらい。

    また、5、6頭のワンちゃんで、重大な疾患の早期発見ができています。

    この機会にぜひ、若いワンちゃんも、シニア世代は特に、
    血液検査を受けてみてください。

    http://www.maria-ah.com/prevention/
    http://www.maria-ah.com/blog/cat82470/
    20140314

    2014.03.14

  • prevention

    フィラリア健診始まりました。

    『フィラリア健診』の勧め

    当院では、フィラリア投薬の前の「フィラリア寄生確認検査」(投薬の前に必ず必要)の際に、【春のフィラリア健診】として、全体的な血液検査をお勧めしています。(¥6,800~)(税抜き)

    毎年「フィラリア寄生確認検査」をする約50%のワンちゃんが【フィラリア健診】を行って
    いますが、全く異常値の認められないワンちゃんは全体の2割ぐらい。

    また、5、6頭のワンちゃんで、重大な疾患の早期発見ができています。

    この機会にぜひ、若いワンちゃんも、シニア世代は特に、
    血液検査を受けてみてください。

    http://www.maria-ah.com/prevention/
    http://www.maria-ah.com/blog/cat82470/

    2014.03.14

TAGタグ

ARCHIVE月別アーカイブ

お問い合わせ

お気軽にお尋ねください。より良い診療の選択で大切な家族を守っていきます。

9:00~12:30 / 17:00~19:30
※土曜・日曜は12:30まで 
※水曜・祝日休診

※診察時間内であれば、受付でも、お電話でも予約可能です(FAX不可)。
診察券番号・飼い主様&受診動物さんのお名前・診察内容をお話しください。

pagetop