ブログ

  • dr

    BLOG作成しました。

    https://anrikoblog.com

    ブログ更新しています。

    「ずっと思ってたけど、あなたってホント不親切(; ・`д・´)」

    見てください。

    anriko

     

    2019.07.06

  • dr

    ネット社会の闇?

     今や何でもネット購入できるこのご時世、動物さん用の 衣食住他、すべて何でもそろっています。

     また、心配なことに 獣医師の指導の下使用するべき療法食(HPブログ No.16 獣医師専用 犬猫食事療法食 2009.6月 【食事(フード、おやつ等】でも言及)、サプリメントやお薬 までも流出し(これらは獣医師しか購入できないためどこかの 獣医師が出品しているものです)、まさかの要指示薬※の薬 (海外製品の逆輸入)までもが簡単に購入できてしまいます。

     当院ではフード、サプリメント等の勉強会に積極的に参加したり、 文献で知識を得たりした上で、自身の使用感、効果なども考慮し、 確固たる自信と責任をもってお勧めしております。 

     要指示薬は当然ながら、サプリメントやフードでも、長年使用 していても今の病状の時は使用すべきでない場面も多々あります。 (残念ながらそのような場合でも当院からの購入でない場合はご助言は出来かねます)

     またこのようなご時世でも、当院ですべてにおいて一任して くださる方もいらっしゃいます。その方々においては、当然ながら 寸分の間違いもない処方・指導をさせて頂いた上で、 日々、飼い主様のその気持ちをひしとしっかり受け止めております。

     多くの選択肢がある世の中で、大切な動物さんにとって、 何が一番かをご家庭で話し合っていただいたうえで、 選択されると良いのではないかと思います。

    ※要指示薬
    獣医師が専門的な知識と技術をもって使用しな ければ危険であるもの。

    ア 使用に当たって獣医師の専門的な知識と技術等を必要とするもの  

    イ 副作用の強いもの 

    ウ 病原菌に対して耐性を生じやすいもの  

    エ 使用期間中獣医師の指導等を必要とするもの

    2018.08.21

  • symptom

    富士ドライケム IMMUNO AU10V導入しました

    動物さんの高齢化とともに副腎や甲状腺などのホルモン疾患や増えてきています。また、流行の小型犬などには肝臓の先天性疾患も多く、症状が出ないとわからないような疾患も多いです。このような病気の確定診断にはホルモン測定や従来の検査機器では測定不能な検査項目があり、今までは外部の検査センターに測定を依頼する必要がありました。当然、タイムラグがあり、迅速な治療ができませんでした。この度、副腎、甲状腺、胆汁酸の測定ができる機器を導入致しました。採血後すぐ院内で測定できるので、術前検査に利用することにより安全な麻酔やホルモンの迅速な測定により、来院当日から治療を行うことが可能になりました。

     IMMUNO AU

    2017.09.16

  • dr

    ユニチャームペットProって優秀!

    ワンちゃんの介護についての院内セミナーを開いていただきました。

    今日、医学の進歩により、ワンちゃんも私たち人間同様に高齢化が進んでいます。
    大切な家族であるワンちゃんと長く一緒に暮らせることは何よりも幸せなことですよね。けれど、加齢と共に体が弱ってきたり、トイレが上手にできなくなってきたりすると、人間サイドにもワンちゃんサイドにも様々な悩ましい問題が出てくることも事実です。
    しかしワンちゃんが家族になったその日から、1日でも長く一緒に幸せに暮らしたいと想う気持ちは全く変わらないはずです。

    この度、ユニ・チャームさんがどんなワンちゃんでも飼い主様と幸せに暮らせるような、介護を受けるワンちゃん、介護をする飼い主様双方の負担を軽減し、清潔で快適な生活をサポートしてくれる商品を開発してくれました。
     
    実際に、ペットシーツ(デオシート)、洗浄液、ケア用マットのデモをしていただき、その性能にビックリ(@_@。!

    高齢になり、一番の心配はやはり排泄の心配。食べれば必ず出ますよね。
    おねしょをしてしまったり(寝ている間にしてしまう)、うんちの切れが悪くなってお尻にべたりとついてしまったり、踏ん張りがきかずシーツの上に座ってしまったり・・・。
    さらに寝る時間が増えたり、寝たきりなってきてしまうと毛にべったりと排泄物がついてしまって、皮膚炎から床ずれを起こしたり細菌感染を起こしたり、ワンちゃんにはかなりの苦痛を与えてしまいます。
    また、人間側にとってはワンちゃんには申し訳ないけれど、臭いの問題も出てきます。

    そのひとつひとつの問題を可能な限り解決してくれるような製品が今回デモをしていただいた上記3つです。

    まず、ペットシーツ。ひとくくりにシーツと言っても、大きさ、吸収量、臭いケアなどなど、メーカによって様々です。ユニ・チャームのペットシーツは吸収力がすごいのは当たり前。それだけでなく通気性、肌触りがすばらしい(#^.^#)。(難しい話はリーフレットやユニ・チャームのホームページ※1参照)

    ペットシーツ

    寝たきりのワンちゃんを介護していると、おしっこで体が濡れてしまったり(排尿後すぐシーツを変えたとしてもべとりと付く)、もぞもぞ動くことによって肌がすれてしまったり、体温で下になっている部分が蒸れてしまったり・・・等々のトラブルが多々ありますが、ユニ・チャームのペットシーツは人間の赤ちゃんのオムツ以上(?かどうかは知らないが・・・)の性能で表面さらっと柔らかく蒸れず、臭いの吸収も良い(^◇^)。
    介護用としてだけでなく、若い元気なワンちゃんの飼い主さまで、お仕事などで長期間おしっこシートを変えることができなくても、表面がさらっとするので、何回(何回でもってことはないけれど)おしっこしてもワンちゃんの手足が汚れず、臭いも気にならないため、結果、使用枚数も減り、コストも減り、ゴミも減る(^_-)-☆。
    ウィンウィンな感じ!(^^)!。

    次。おしりまわり洗浄液。洗浄剤
    これは付属のボトルで希釈するタイプで、1本でかなりもつ。
    また、そのボトルが洗浄しやすいようにできているため、液をかけるだけで汚れがするすると取れていく。
    さらに洗浄成分には天然ひまわりオイル由来の石鹸成分とヒアルロン酸Na、リピジュア(すべすべコート成分)配合で肌に優しく、カキタニンという臭い吸着成分も配合され、すべてに優しい。
    洗浄後は拭きとるだけでOK✌なので、ネーミングは『おしりまわり洗浄液』だけれど、体全部の洗浄剤としても使用でき、介護用としてでなく日々のお手入れとしてでも優秀な製品。(体全体の体臭予防やデリケートゾーンのお手入れなど)。

    最後。一番大切なマット。マット
    そもそも床ずれは、寝床と接している部分の皮膚が体重で圧迫されて、血液の循環が悪くなって発症します。その対策として、体位を定期的に変えたり、体圧分散したり(ドーナツクッションなど)、マッサージしたり・・・。色々対応策はありますし、当然できる限りはやらなくてはいけませんが、それ以外でできる事と言ったら、人間同様、寝床➡すなわちマットですよね。高品質のマットには大きく分けて2種類あります。低反発ウレタンマットと高反発エアファイバーマット。高かろう良かろうではないかもしれませんが(私は高かろう良かろう信者)、やはり良い物はそれなりに高価です。そして低反発の方が若干高めです。でも・・・、介護用マットはどちらかというと高反発の方が良いのです。(理由などはリーフレットにて)さらに、このユニ・チャームのマットは人目線で作られなくて、ワンちゃんの動きを科学的に分析して開発しているそうで、さらに小さい頃から使っていただけるように、長期使用を視野に入れた製品だそうです。要は丈夫で清潔に保つことができるということですね。当然、丸洗い可です。

    実際、うちのドーベルマンの蘭は体重が35㎏ぐらいあったのですが、寝たきりになっても床ずれは全く起きませんでしたし、かなり使用しましたが、マットは痛まず、洗えば臭いも汚れもきれいさっぱりで、新品そのものです。

    当院に製品もありますので、気になる方はスタッフにお声がけください。また、院内にリーフレット等もおいてあります。

    最後に・・・。

    高齢犬と穏やかに生活するために、早いうちから準備をしておくことは必要です。
    特に居住空間の見直し。完全バリアフリーにはできなくても、それっぽくリフォームしておくとか、床を滑りにくくする(カーペットを敷く。フローリングコーティング※2をする。)とか、照明を明るくして見やすくしてあげるとか・・・。

    さらに重要な事は、健康チェックをしっかりする( ゚Д゚)!!。
    最低でも年2回(可能なら3か月に一度)の健康チェック、また高齢期用のサプリメント、食餌の選択等々・・・。
    ワンちゃんのため、飼い主様のため、最期の最期まで、後悔なく『ありがとう』という言葉で送り出してあげられるように、飼い主様は適切な知識を持って下さい。
    まだうちのワンちゃんは若いから~と思っても、私たちの何倍ものスピードで年を取っていきます。早く準備をするに越したことはありませんし、今回紹介したものは、若いうちから使える製品ばかりです。

    私たち動物病院は病気を治すことだけでなく、動物さんと飼い主様の幸せのすべてのお手伝いさせていただければ幸せです(‘ω’)ノ。

    ※1:ユニチャームペットPro ホームページ http://pet.unicharm.co.jp/pro/

    ※2:マイスターコーティング:受付フリーダイヤル0800-808-0807、

    2017.09.07

  • dr

    犬アトピー性皮膚炎に関する情報サイトOPEN!

    皮膚疾患の羅患率はとても高く、その中でもアトピー性皮膚炎は診断、治療も厄介な皮膚病の一つです。このサイトでは、原因・治療など飼い主様にわかりやすく解説してくれています。また、当院で行っている『減感作療法』という治療法についても詳しく説明していますので、皮膚病に悩んでいる飼い主様は目を通してみてください。https://www.genkansa.jp

    2017.06.26

  • blog

    高濃度ビタミンC点滴

            高濃度ビタミンC点滴療法 

    高濃度ビタミンC点滴療法とは

    高濃度ビタミンC点滴療法では、大量のビタミンCを点滴で血管内へ投与します。血液中のビタミンCが高濃度になると過酸化水素が発生し、この過酸化水素は正常な細胞には影響を与えずに、癌細胞だけにつよい障害を与えるため、がん細胞を自然死へ誘導できるのです。
    ビタミンC自体元々体に生理的に存在している天然物であるため、きわめて安全性も高く副作用もありません。天然の抗がん剤です。この作用は、あらゆる癌に効果が期待されます。

    その他ビタミンCの7大効果

    1)免疫力を上げる

    2)コラーゲンを増殖させる

    3)活性酸素を抑える

    4)排毒作用がある

    5)鎮痛作用がある

    6)QQL(生活の質)が改善

    7)新生血管の増殖抑制により癌の増殖を抑制する

    1)免疫力を上げる

    ビタミンCはリンパ球を活性化するのみならず、抗ウイルス作用のあるインターフェロンも増やします。つまり、ビタミンCはがん細胞を殺すと同時に、リンパ球を活性化してがん細胞を攻撃してくれるのです。

    2)コラーゲンを増殖させる

    動物の皮膚や血管、骨に多く含まれる繊維性のタンパク質、それがコラーゲンです。コラーゲンは細胞と細胞の間をつなぎ合わせる接着剤のような役割を果たし、皮膚や血管、骨に柔軟性を与え、そして丈夫にしてくれます。このコラーゲンの合成にはビタミンCが必要不可欠です。
    そしてコラーゲンは癌細胞を皮膜で閉じ込める働き:カプセル化(抗がん作用)をします。また関節炎の緩和や皮膚構造、水分量を改善することにより、アレルギー性皮膚炎の症状軽減などにも効果があります。

    3)活性酸素を抑える

    体に有用な活性酸素も、過剰に働きすぎると逆に正常な細胞にも攻撃をします。そうなると細胞内や、血管内など体の様々な部位に悪影響を与えてしまうので、活性酸素の働きを抑える抗酸化物質が必要になってきます。ビタミン剤で抗酸化物質として知られているものがビタミンC、ビタミンE、β-カロテンです。ビタミンEは脂溶性なので、細胞膜内ではたらき、不飽和脂肪酸という細胞を包む油性の膜が活性酸素と結びついて有害な過酸化脂質となるのを防ぎます。ビタミンEが活性酸素と結びつくことで有害反応を防ぎますが、こうなるとビタミンE活性は失われます。
    そこでビタミンCが必要となります。
    ビタミンCは細胞外で働き、ビタミンEを再活性化させ抗酸化作用を取り戻します。
    ほか、酸化作用の悪影響には細胞の老化の他、心筋梗塞、動脈硬化、ガンなどが上げられます。ビタミンCの摂取はこれら症状への予防にも効果的です。

    4)排毒作用がある

    ビタミンCは、体の要らないものを尿から排泄する力を持ちます。抗がん剤は役目を果たしたら速やかに排泄されるべきですが、ビタミンCはこの作用を助ける働きを持ちます。

    5)鎮痛作用がある

    がんが進行すると痛みがでてくることがあります。大半が強い痛みで、麻薬で痛みをコントロールすることが多くなりますが、麻薬の副作用も出てきます。ビタミンC点滴は、この痛みの緩和に有効な場合があります。
    ビタミンCそのものに直接的な鎮痛作用あるかわかりませんが、 おそらく免疫力が上がることで痛みが和らぐのではないかと考えられます。

    6)QQL(生活の質)が改善

    がんが進行すると元気や食欲が落ちますが、ビタミンC点滴によって改善されます。食欲や元気の増進があれば、QOL(生活の質)の改善といえるでしょう。
    また、ストレスを感じると副腎からアドレナリンを分泌します。これを抗ストレスホルモンといいますが、その作用により血糖値が上昇してエネルギーを増やすことで、身体はストレスへの体制を整えようとします。
    ビタミンCはアドレナリンの生成時において補酵素として必要なので、アドレナリンの分泌量が増えるほどビタミンCの消費量も増加します。よってストレスにはビタミンCをしっかりととることが重要です。

    7)新生血管の増殖抑制により癌の増殖を抑制する

    高濃度ビタミンCが血管新生を抑える働きをもち、癌の増殖を抑えます。
    高濃度ビタミンCの新たな抗腫瘍メカニズムの発見として今後注目されています。

    高濃度ビタミンC点滴療法の適用 

    1)有効な治療法がない場合

    2)抗癌剤や放射線治療の効果が得られない場合

    3)抗癌剤や放射線治療と併用する場合

    4)抗癌剤や放射線治療などができない(無効・不可能ないし希望しない)場合

    5)一般状態が思わしくない場合

    高濃度ビタミンC点滴療法の実施

    日本のビタミンC注射薬は防腐剤が入っているため使用できず、 海外より防腐剤の入っていない天然型ビタミンCを輸入して使用します。投与量は状態によって異なりますが、通常、週に2~3回(初めは毎日もある)から血液内のビタミンC濃度を測定しながら実施します。症状の程度により回数も違います。
    より、効果をあげるために、毎日ビタミンCの内服、ビタミンCを体内で再生するサプリメントを飲んでいただきます。

    高濃度ビタミンC点滴療法の注意点・合併症  

    一般のガン治療と同様に血液検査、血液生化学検査、レントゲン検査、エコー検査、 病理検査、CT、MRI等の検査が必要です。
    点滴開始前には、赤血球のG6PD検査が必要です。先天性G6PD欠損症(G6PD欠損症による溶血クリーゼ)とは赤血球の機能を保つための酵素であるG6PDが先天的に欠損した遺伝疾患です。報告では犬の3000匹のうち1匹にこの遺伝疾患があるとされています。この遺伝子の子に高濃度ビタミンC点滴療法をおこなうと、溶血性貧血をおこすといわれています。非常にまれな病気ですが、点滴療法をおこなう前に必ずG6PDの検査をおこないます。
    また、重度の心不全・腎不全の場合は点滴ができません。(ナトリウム過剰になる可能性があるため)
    点滴後、急激に腫瘍が壊死し出血、発熱が起こることがまれにあります。これを予防するために、少量から点滴を始め、徐々に濃度を上げていきます。他、吐き気、嘔吐、低カルシウム血症、低血糖が起こることがあります。これを予防するために、点滴前はしっかりと飲食飲水をさせたり、点滴中も飲食飲水をさせ、動物の状態をしっかりモニターします。

        がん治療以外のビタミンC療法適応         

    マイヤーズカクテル点滴※+ビタミンC点滴がお勧め

    ○椎間板ヘルニア・関節疾患・慢性疾患・肝疾患・呼吸器系・皮膚炎(アトピー)全般など
    ○ウィルス疾患、感染症など
    ○老齢性疾患など(心疾患、腎不全には注意:高濃度VitCでなければ問題なし)
    ○アンチエイジング・QOLの改善
    ○手術前後の体力ケアとして

    がんのサポートとして
    がん手術後の予防として
    がん発症の予防として
    がんのターミナルケアとして

    ※動物に必要な栄養素であるビタミンやミネラルを点滴投与する治療法。(栄養&薬理学的効果)

    2016.10.24

  • video

    マイクロチップ

    当院では、ペットに電子標識器具の「マイクロチップ」の装着をお勧めしています

    マイロチップがもっとも効果を発揮するのが、ペットが迷子になって保護された時です。マイクロチップが装着されていれば、個体識別ができ、スピーディな身元確認が可能です。
    同様に、ペットと災害時にはぐれても、マイクロチップで身元の確認が容易です。
    また万が一、ペットが盗難にあっても、マイクロチップのIDの改ざんや消去は不可能なので安心です。
    海外渡航時にマイクロチップが必要となる場合もあります。

    マイクロチップは、ペットの背中の皮下に専用インジェクターで装着します。「痛くてペットがかわいそう」と思われる方がいらっしゃいますが、痛みは注射とさほど変わらない程度とされ、麻酔薬や鎮痛剤も必要ありません。異物反応からなる副作用(炎症など)や、装置が移動する心配もないので、安心して使用していただけます。

    マイクロチップは、ワンちゃんなら生後2週齢、ネコちゃんなら生後4週齢ごろから装着できます。愛するペットの安全のために、ご検討ください。

    2015.12.01

  • video

    小桜インコの雛(part2)

    雛が3羽になりましたchick
    3時間ごとの給餌です・・・。

    2015.11.13

  • dr

    小桜インコの雛(part2)

    雛が3羽になりましたchick
    3時間ごとの給餌です・・・。

    2015.11.13

  • video

    小桜インコの雛

    うちの小桜インコのトーリーとコマちゃん夫妻に待望の雛が誕生しました。
    何度となく産卵をしていたのですが、なかなか実を結ばずつらい思い(私たちスタッフが?)をしていたのですが、漸く卵が孵り、可愛い雛が誕生しましたchick。(昨夜、もう1羽生まれました)
    まだ、卵が4個あります。楽しみです。

    2015.11.12

TAGタグ

ARCHIVE月別アーカイブ

お問い合わせ

お気軽にお尋ねください。より良い診療の選択で大切な家族を守っていきます。

9:00~12:30 / 17:00~19:30
※土曜・日曜は12:30まで 
※水曜・祝日休診

※診察時間内であれば、受付でも、お電話でも予約可能です(FAX不可)。
診察券番号・飼い主様&受診動物さんのお名前・診察内容をお話しください。

pagetop